--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田家住宅

2011年04月13日 08:51

建物
八潮
八潮で古民家散歩 その2

よくある古民家と思いきや・・・!


この場所の詳しい情報 down_arrow-pk2.gif  建物情報 down_arrow-pk2.gif
太田家住宅の主屋

八潮で古民家散歩その2は「太田家住宅」
場所は、200本のソメイヨシノが見事な綾瀬川放水路のほど近くにあります!

川沿いをとぼとぼ歩いていると、古そうな建物の屋根が見えてきます。 ・・・あれ想像していたのと違う! 自分の勝手な古民家イメージは、藁葺屋根で縁側なんかあったりして・・・。 違うのもそのはず。太田家は元々、醤油や米、油などを扱う問屋を江戸時代中期から営んでいて、建物の造りは町屋建築なんだそうです。 個人的にとっても好きな趣です。

太田家住宅の主屋斜めから 主屋1F

1階の正面が商いスペース、奥が住居スペース、そして2階が宿泊スペースとして使われていたそうです。
醤油、米、油などを扱っていたこともあり、使われていた道具なども一部展示してありました。

昔使われていた道具 昔使われていた看板

隠し通路!?

しかしこの太田家。 「趣があるなぁー」だけでは終わりません。
なんと2階に忍者屋敷バリの隠し通路が! 部屋と窓の間にある細い廊下?に普段は隠された扉があります(写真左下)。
もし敵襲があった時には、この扉を抜け → 屋根裏の秘密通路(写真右下)を通り → 外に出て → 裏に流れる川へ逃げる!
・・・という過激な設計になっています。 意外なところに男心をくすぐる見所がありました。

2Fの隠し扉 2Fの隠し扉その奥

隠し通路だけでは終わらない太田家

同じ敷地内には、2室に分かれた大きな蔵があります。
その蔵の中には、宿泊用として使っていた食器類やひな人形、いかにも価値がありそうな木箱など、様々なものが保管されています。そしてなんと!この中には、あの「開運!なんでも鑑定団」に出た品もあるのだとか! なんとも驚きです。

蔵 蔵の中

ふらっと立ち寄った太田家住宅。
太田家を管理されている方の解説もあり、表面だけでは分からない見所がありました。


参考サイト見出し
関連記事見出し

スポット情報見出し
名称
太田家住宅
住所
埼玉県八潮市八條3732 ( 地図 | ピンポイント天気 )
TEL
048-997-6666(八潮市立資料館)
時間
第3土曜日 10:00~15:00のみ公開
休み
上記日時以外
料金
無料
所要時間
15~20分
HP
http://www.yashio.or.jp/ikiiki/index.html(八潮市観光ガイド)
車アクセス
首都高速6号三郷線「三郷出入口」より 10分
東京外環自動車道「草加IC」より 12分
電車アクセス
つくばエクスプレス「八潮駅」北口より 八潮市コミュニティバス 北ルート(八潮03、八潮04) 「和平橋バス停」下車 徒歩3分
駐車場
なし
ペット
不可
設備・施設
案内板
バリアフリー
バリアフリー対応: ×
・路面状況: 舗装
・ベビーカーの入場: 不可(敷地内入場可、建物内不可)
・車椅子の入場: 可(敷地内入場可、建物内不可)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。


詳しいスポット情報見出し
名称
太田家住宅
ジャンル
古民家、蔵
建築年
19世紀ごろ
構造
・木造二階建
・瓦葺き屋根
寄棟造
・町屋建築
遺構
主屋、 蔵
指定
市指定有形文化財
スポンサーサイト

川越城中ノ門堀跡

2011年03月28日 10:45

埼玉の城めぐり

川越城に残る唯一の堀跡


この場所の詳しい情報 
中ノ門堀跡入口

中ノ門堀跡入口

川越市役所から本丸御殿へと結ぶ道の途中に、「川越城中ノ門堀跡」があります。 川越城の堀跡としては、中ノ門堀跡が唯一の遺構となります。

中ノ門堀の役割は、敵が西大手門(市役所方面)から本丸御殿方面へ「ワー!」と攻めてきた時に、中ノ門堀+2つの堀の合計3堀で敵の進行を防ぐ為のものだそうです。

写真左下が、中ノ門堀の跡。 その写真の向かって右側が西大手門(市役所方面)。 左側が本丸御殿方面です。 右から攻めてきた敵は、角度60度の勾配がある左側の堀面を登れず足止めを食らいます。 困っている敵に城壁の穴(鉄砲狭間)から「えいやっ!」と矢を打ち込む寸法です。

ちなみに堀と聞くと、城を囲む長ーい堀を想像しますが、現在残っている中ノ門堀跡は長さ18mです。

写真下は現地案内板による堀跡の構造と断面図。 とっても分かりやすいですね。

現地案内板1 現地案内板2

この中ノ門堀には、中ノ門と言う2階建ての櫓門があったそうです。写真右下は中ノ門の絵図。(現地案内板より)

現地案内板3
川越城図
現地案内板4
中之御門東西棟図

この中ノ門堀跡は、蔵造りの街並みを散策した後、本丸御殿や市立博物館へ向かう途中にあるので、ちょこっと立ち寄るには丁度いいスポットです。
川越城の遺構は少ないので、少しでも城の雰囲気を感じ取れる場所があるのは個人的にも嬉しいことですね。


参考サイト見出し
関連記事見出し
スポット情報見出し
名称
川越城中ノ門堀跡
住所
埼玉県川越市郭町1-8-6 ( 地図 | ピンポイント天気 )
TEL
049-227-8233(小江戸川越観光協会)
時間
9:00~17:00
休み
年末年始(12月29日から1月3日まで) ※都合により休園日を変更することあり。
料金
無料
所要時間
10~15分
HP
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1139820007581/index.html
車アクセス
関越自動車道「川越IC」より 13分
電車アクセス
東武東上線、JR川越線「川越駅」より 東武バス「札の辻バス停」下車 徒歩5分
西武新宿線「本川越駅」より 東武バス「札の辻バス停」下車 徒歩5分
駐車場
なし
ペット
設備・施設
・案内板
・ベンチ
バリアフリー
バリアフリー対応: ○
・路面状況: 舗装
・ベビーカーの入場: 可能
・車椅子の入場: 可能(段差なし)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。


国指定重要文化財 和井田家

2011年03月10日 18:06

建物
八潮
古民家

八潮で古民家散歩


この場所の詳しい情報 down_arrow-pk2.gif  建物情報 down_arrow-pk2.gif
和井田家全景

国指定重要文化財の指定を受けている和井田家住宅。
建物は約300年前の江戸時代中期に建てられた物で、江戸時代から続く名主の家です。

さすが名主の家だけあって、約5000平方メートルの敷地内には、主屋、長屋門、書院、稲荷社、庭園があります。 

長屋門

最初はここが家かと思いましたが、なんと和井田家の門です! 門からしてただの民家ではないことが分かりますね。

この様な門の形式を「長屋門」と言い。 門の両側部分には部屋が2つ設けられていて、1つは納屋として、もう1つは奉公人の部屋になっていたそうです。

長屋門 長屋門前の水仙

和井田家住宅 主屋

長屋門を抜けると、和井田家の主屋があります。
長屋門と同様に茅葺き屋根の建物で、外観を見る限り建てられて300年経過しているとは思えない程しっかりとしています。

国指定文化財データベースによると、

内部は東半が土間,西半が田の字型に室を配する。上手二室は南をゲンカン,北をオクと呼び,床の間と違棚を備える。 主屋が関東平野の民家遺構として古く、また当初部材の保存状態も良いことから、当地方における民家形式の変遷を理解する上で高い価値がある。(一部抜粋)

主屋1 主屋2

参考サイト見出し

関連記事見出し
スポット情報見出し
名称
和井田家
住所
埼玉県八潮市八條1377-1 ( 地図 | ピンポイント天気 )
TEL
048-997-6666(八潮市立資料館)
時間
第3土曜日 10:00~14:00のみ公開 (*1月・8月・12月は第3土曜日も非公開)
休み
-
料金
無料
所要時間
15~20分
HP
http://www.yashio.or.jp/ikiiki/index.html
車アクセス
首都高速6号三郷線「三郷出入口」より 8分
東京外環自動車道「草加IC」より 10分
電車アクセス
1. 東武伊勢崎線「松原団地駅」東口より 東武バス(松01) 「八条橋西詰バス停」下車 徒歩5分
2. つくばエクスプレス「八潮駅」北口より 八潮市コミュニティバス(北コース) 「和井田家住宅前バス停」下車 徒歩3分
駐車場
なし
ペット
不可
設備・施設
案内板
バリアフリー
バリアフリー対応: ×
・路面状況: 敷石、土
・ベビーカーの入場: 困難の可能性あり
・車椅子の入場: 困難(段差あり)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。


詳しいスポット情報見出し
名称
和井田家
ジャンル
古民家
建築年
江戸時代中期
構造
木造 (桁行17.2m、梁行8.1m)
茅葺き屋根
寄棟造
遺構
主屋、 書院、 稲荷社、 庭園、 水塚跡
指定
国指定重要文化財・・・和井田家住宅
市指定有形文化財・・・長屋門、敷地

岩槻郷土資料館

2011年03月04日 11:54

博物館、美術館 建物
さいたま市岩槻区

資料館

大正レトロの面影を残す資料館


この場所の詳しい情報 down_arrow-pk2.gif

岩槻郷土資料館は、昭和5年に建てられた岩槻警察署の旧庁舎を利用した資料館。

建物内外には、大正時代のレトロな建築様式の名残が随所に残っています。 外観の少しずっしりとした印象に比べると、建物内は全てが白基調で、窓から差し込む光が気持ちのいい印象です。

また、天井の梁や窓などには、アーチ状の造形やアールデコの装飾が施されています。



さほど広い資料館ではありませんが、「大昔のくらし」、「岩槻のあゆみ」、「くらしの道具」の3つのテーマで資料が展示してあります。 無料の施設なので、ふらっと立ち寄ってみてもよいかもしれません。


参考サイト見出し
関連記事見出し

スポット情報見出し
名称
岩槻郷土資料館
住所
埼玉県さいたま市岩槻区本町2-2-34 ( 地図 | ピンポイント天気 )
TEL
048‐757‐0271
時間
9:00~16:30
休み
月曜日(祝日は翌日休館、土・日・祝日の場合は開館)、12月28日~1月4日、その他特別整理期間・臨時休館日
料金
無料
HP
http://www.city.saitama.jp/hakubutsukan.html
車アクセス
東北自動車道 「岩槻IC」 3分
電車アクセス
東武野田線「岩槻駅」東口 徒歩8分
駐車場
あり(無料)
ペット
不可
設備・施設
トイレ
バリアフリー
バリアフリー対応: ×
・路面状況: 舗装
・ベビーカーの入場: 困難(入口階段あり)
・車椅子の入場: 困難(入口階段あり)
資料
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。


岩槻人形 製造見学 | 鈴木人形工房

2011年03月02日 09:19

岩槻人形

美しく仕上がっていく雛人形の製造


この場所の詳しい情報   詳しい見学情報 

人形の町として知られる岩槻では、江戸時代初期から約380年の歴史があります。
そんな岩槻人形がどんな風に作られているのかを知るために製造現場を見学してきました。

数ある岩槻の人形業者の中で、今回お邪魔したのが80年近い歴史と伝統のある「鈴木人形」さんです。
鈴木人形さんでは、頭部・胴体・衣装の全てを製造していて、駅前には販売店もあります。 特に、頭製造では日本最大級の規模を誇るそうです。

雛人形の製造工程は、全部で数百にも及ぶそうです。 その中で、今回見学させて頂いたのは頭の製造。 頭だけでも38もの工程があるそうです。

目入れ
人形の表情が伺える目は、とても重要な部分。 目は描くのではなく頭の内側にパーツをはめ込みます。 作業している方いわく、頭が小さい人形より大きい人形の方が神経を使うそうです。 大きい人形は、微妙な視線のずれでも違和感が生じるので調製が難しいとのことです。


毛描き、髪の毛の取り付け
エアーブラシで塗装をした後、髪の生え際を一本一本筆で描いていきます。
その後、絹でできた髪の毛を取り付けていきます。 人形の種類によって髪の色も様々。 人形によってはハサミで髪の長さを調製したりしていきます。


取り付けられた髪の毛はアイロンを当てて、とかしていきます。 髪は女性(雛人形)の命。 そして髪の美しさはキューティクルが決め手! しっかりお手入れをしてまさに「世界が嫉妬する髪へ」に仕上がっていきます。


結髪、面相描き
髪の取り付け工程が終わると、髪の結い、そして顔を描いていきます。 まさにヘアメイク工程ですね。
結髪工程は、人間と同じように一本一本髪を束ね髪型をつくっていきます。 ヘアメイクにもプロがいるように、結髪工程は熟練の職人のみ成しえる技です。

頭工程の最後は、メイクアップならぬ「面相描き」です。 決して真似することが出来ない職人技は、女性人形は美しく、男性人形は勇ましく変身します。 (残念ながら、面相描きはみることが出来ませんでした。)


頭完成
出来上がる顔のパターンは何十種類もあるそうです。 そして、日々変化する時代に対応して「今年の顔」をデザイナーを含めみんなで決定します。
そうやって出来上がる雛人形の頭は、機械や海外生産では表現することができない品質です。


胴製作
雛人形の衣装を見てビックリしました。 昔見た雛人形とは違ってとても可愛らしい柄や色使いの雛人形もつくられていることに。
顔同様に、衣装も時代に合わせて毎年変化させているそうです。 着物をデザインするデザイナーさんは、伝統的なデザインに囚われず実に様々なものからインスピレーションを得ているそうです。 例えばマイケルジャクソンの舞台衣装からヒントを得たり!


今回見学させて頂いた鈴木人形さんで、岩槻人形の素晴らしさを垣間見ることができました。
伝統的な職人技と革新的な志しが、鈴木人形さんを始め岩槻人形を支えていることが分かりました。


参考サイト見出し
関連記事見出し
詳しいスポット情報見出し
見学情報
雛人形・五月人形等の製造の見学
見学可能日時
9:00~17:00
日曜日・年末年始は休み
見学可能人数
1名~
料金
無料
予約
要予約 電話/お問い合わせフォーム/FAX/Eメール/書類郵送
詳しくはこちら http://www.suzuki-ningyo.com/index.php?id=9
所要時間
30分~60分
備考
質問したいコトを前もって考えていくと、より充実した見学をすることが出来ます。


スポット情報見出し
名称
鈴木人形工房
住所
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-5-16
このスポットの地図を見る このスポットのピンポイント天気を見る
TEL
048-757-0222(鈴木人形 工房見学係)
時間
9:00~17:00
休み
日曜日・年末年始
料金
無料
HP
http://www.suzuki-ningyo.com/
車アクセス
東北自動車道 「岩槻IC」 6分
電車アクセス
東武野田線「岩槻駅」東口 徒歩6分
駐車場
あり(無料)
ペット
不可
設備・施設
トイレ
バリアフリー
バリアフリー対応: ×
・路面状況: 舗装
・ベビーカーの入場: 困難(階段あり)
・車椅子の入場: 困難(階段あり)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。




カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。