--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山城跡

2010年09月08日 21:45

城
吉見

城巡り

北武蔵屈指の平山城


この場所の詳しい情報 down_arrow-pk2.gif  城情報 down_arrow-pk2.gif

松山城は、吉見百穴から程近くにあり、ここ一体の比企丘陵の先端に築かれた城です。

観光地化されてはいないので、城などが復元されている訳ではなく、入城するには未舗装の道を登っていくことになります。
しかし、その分その当時の遺構が色濃く残っていて、想像が膨らみます!


歴史のポイントとしては、
・15世紀中期~後半 古河公方足利氏・扇谷上杉氏・山内上杉氏との軍事的緊張関係の中で築城とするのが有力。
・松山城をめぐる攻防は常に激しく、ここが北武蔵地域の要所であった。


本曲輪

本丸跡の標があり。
松山城跡一帯を整備しているのか、伐採された木が多く市街地も一望できる。


本曲輪周辺の空堀。

DSC_0880k_convert_20100908023423.jpg 本曲輪を初め多くの平場や空堀などが大変良好な状態で残っています。
空堀は深いもので最大で9mのものが残っている。

曲輪は西側から東に向かって、
本曲輪 → 二ノ曲輪 → 三ノ曲輪 が一直線にあり、
これらを取り囲み、惣曲輪・兵糧庫跡などが配置されている。

こう見ると、結構広い面積の敷地がそのままの状態で残っている。

[左側画像: 現地案内板より]
初めて行くと、いったいどっから入るんだ!
となるので下記地図にまとめてみました。

より大きな地図で 松山城跡マップ を表示
関連記事見出し 詳しい情報見出し
城情報
名称 松山城
別名 武蔵松山城、武州松山城
城郭構造 平山城
築城者 上田友直
築城年 15世紀中期~後半
遺構 曲輪、土塁、空堀、堅堀、物見櫓跡
Memo 国指定史跡

caption-spotinfo.png
スポット情報
名称 松山城跡
住所 埼玉県比企群吉見町北吉見5 周辺 地図
TEL 0493-54-9111(吉見町教育委員会)
時間 -
*夜間は電灯がなく、足元も悪いので入らないほうが良い。
休み -
HP http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_matsuyamajyou.html
車アクセス 関越自動車道「東松山IC」 13分
公共交通アクセス 東武東上線「東松山駅」 川越観光バス(鴻巣免許センター行) 「百穴入口」下車 徒歩5分
料金 -
駐車場 なし
近くに吉見百穴駐車場あり(無料)
ペット
設備 -
バリアフリー 路面状況: 土、階段
車椅子、ベビーカーの侵入困難

あってよかったグッズ
スニーカー 特に舗装されてなく、雨上がりは特にぬかるんでいる可能性大
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mishmash1.blog130.fc2.com/tb.php/138-24c5e2c3
    この記事へのトラックバック


    カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。