--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父の温泉の種類から探す

2010年10月05日 03:42

chichibu_onsenmap2.gif

ogano.gif
大竜寺源泉、高根の湯
江戸時代は秩父の代表的温泉だった小鹿野温泉。 小鹿野は秩父の山奥に位置し、周りが多くの自然に囲まれている。 また、「小鹿野歌舞伎」も有名で200年の歴史がある。 役者・義太夫・裏方にいたるまで、スタッフ全てが地元町民。 埼玉県無形民俗文化財に指定。

arrowright32_pk10.gif 小鹿野温泉 大竜寺源泉を見る
arrowright32_pk10.gif 高根の湯を見る

ryoujin.gif
薬師の湯、すきの湯
「肌がつるつるして美しくなる」と、女性に人気の両神温泉。 豊かな自然の中で、良質な温泉に静かにゆっくりとくつろげる。 両神温泉は、「道の駅 両神温泉 薬師の湯」と「国民宿舎 両神荘 すすきの湯」で入ることが出来る。

arrowright32_pk10.gif 両神温泉を見る

sibahara_onsen.gif
秩父七湯の一つで400年の歴史があり、江戸時代の初めから湯治に利用されてきた。 現在は山間に4軒の宿が並ぶ静かな温泉。 目の前に山肌がせまっているので季節によっては野生の鹿やさるなどが顔を覗かせる。 神経痛、リュウマチ、胃腸病などに効能があり、湧き出ている源泉は沸かし湯として飲料も可能。

arrowright32_pk10.gif 柴原温泉を見る

ootaki.gif
三峰神の湯
大滝温泉は、荒川の源流近く人里離れた奥深い山の懐、効能豊かな名湯。温泉からの景色は春は萌える新緑、秋は紅葉と見る者を圧倒。 美肌効果がありヘビーリピーターが多い。

arrowright32_pk10.gif 大滝温泉を見る

siroku.gif
「秩父七湯」の一つで、江戸時代は鹿の湯と呼ばれていた。 伝説によると、平将門がこの温泉で湯治したと言われていて、別名「将門のかくし湯」とも呼ばれている。

arrowright32_pk10.gif 白久温泉を見る

kawabata.gif
梵の湯、凡の湯
成分の異なる2つの源泉、日本国内最高級の重曹泉の「梵の湯」と「凡の湯」がある。

arrowright32_pk10.gif 秩父川端温泉を見る

wadou-kousen.gif
わが国最初の銅坑跡、和銅遺跡の近くに、一軒宿「和どう」が建っている。 秩父七湯のうちで最も古い歴史を持った「和銅鉱泉の薬師の湯」は和銅開銭でも知られる歴史ある温泉。 泉質は 弱アルカリ性低張性冷鉱泉、効能は神経痛、リュウマチ、冷え性、皮膚病、ストレス、切り傷、常習便秘などである。

arrowright32_pk10.gif 和銅鉱泉を見る

siraki-kousen.gif
御代の湯
新木鉱泉の創業は江戸時代、文政10年(1827年)にさかのぼる。創業より180年余り、当時の内装そのままを残す重厚な建物が特徴。泉質は“含硫黄アルカリ泉”。そのなめらかな肌ざわりから「卵水」とも呼ばれ、神経痛・リウマチ・胃腸病・冷性・外傷など、また美容にも効果があることで知られている。

arrowright32_pk10.gif 新木鉱泉を見る

mangannoyu.gif
浅間・富士火山からなる山中地溝帯線の石英閃緑岩の裂け目にそって長い年月をかけ地下数百メートルで育まれた最高の温泉。 泉質は、水素イオン濃度(ph)9.5という全国有数の極めて高いアルカリ温泉。

arrowright32_pk10.gif 秩父温泉 満願の湯を見る

hudou.gif
その昔、不動明王が夢枕に立って霊泉の沸くところを示され、そのお湯が効能に対する評判が高いので「不動の湯」と名付けられた。 野鳥のさえずりと横瀬川のせせらぎが聞こえる、 そんな場所に温泉旅館がたたずんでいる。

maruyama-kousen.gif
花悦の湯(元祖薬草風呂)
自然の薬草を鉱泉で煮出した薬草風呂。 ほんのり香る薬草の香りと淡い褐色のお湯で心身共にリフレッシュできる。 薬草の中でも、古くから語り継がれている特に香りがよく万病に効く薬草を使用。

arrowright32_pk10.gif 丸山鉱泉を見る

bukou.gif
観光客や地元の人に人気の温泉。 泉質は単純硫黄温泉。神経痛・筋肉痛・関節痛・糖尿病などに効果がある。 自然を満喫できる開放的な露天風呂や大浴槽、サウナなどがある。

arrowright32_pk10.gif 武甲温泉を見る

sikisainoyu.gif
「ナチュラルファームシティ農園ホテル」で入ることができる温泉。 秩父の街並みと奥秩父連山が一望できる展望風呂が評判。 温泉は、秩父の両神から湧出したものをホテルまで運んできている。 神経痛・筋肉痛・疲労回復などに効果があり。

yosida.gif
星音の湯
昼は青空の下で、夜は星空のを眺めながら入る天然温泉の露天風呂が楽しめる。 泉質は、弱アルカリ性低張性冷鉱泉で神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果あり。

arrowright32_pk10.gif 吉田温泉を見る

sengabani.gif
秩父市小鹿野町の北隣にある湯で「秩父七湯」の一つ。 自然湧出した源泉を100%掛け流し使用。 

hannya.gif
泉質は、単純硫黄冷鉱泉で経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、 痔疾、冷え性、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病などに効果があり。

arrowright32_pk10.gif 般若の湯を見る

hatonoyu.gif
戦国時代に、負傷した兵士が二羽の白鳩に導かれ、見つけた湧き出る湯で傷を洗うとたちまち痛みは消え、傷が治ってしまったという伝説がある温泉。 江戸時代、秩父七湯に数えられた。


他の方法で温泉を探す

onsen_map-icon.gif  「埼玉温泉マップ」 から検索


onsen_yu_noren-icon.gif  arrowright32_pk10.gif 「宿泊」 施設で検索  arrowright32_pk10.gif 「日帰り」 施設で検索 





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mishmash1.blog130.fc2.com/tb.php/235-c174c82a
    この記事へのトラックバック


    カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。