--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父の技・匠・染織「ほぐし捺染」

2010年12月09日 02:19

博物館、美術館
小川

イベント

再発見、秩父銘仙って格好いい。


スポット詳細情報 down_arrow-pk2.gif

小川町にある埼玉伝統工芸会館で、秩父の技・匠・染織「ほぐし捺染」という特別展をやっているので見てきました。

期間は、11月30日(火)~12月26日(日)
ほぐし捺染とは・・・
秩父が誇る織物「秩父銘仙」の染色技術です。 普通は出来上がった生地に染めるのですが、ほぐし捺染は織り上がる前段階の糸の状態で染めます。 そうすることにより、仕上がった織物の裏まで綺麗に染まり、裏返しても使えます。

展示スペースには、ほぐし捺染で使われる道具の展示や、秩父銘仙で仕立てられた着物やストール、バッグなども見ることができます。 銘仙は、模様も色合いも様々でデザイン的にも見応えがありますね。


照明を少し落とした事により、ほんのり光沢感のある銘仙は目に行ってしまいます。 写真左下は「菊十字」という復刻銘仙柄。 
秩父夜祭の際に着る着物も展示してありました(写真右下)。 それぞれの町内にちなんだ柄が施され、どの町内も粋です。


小川和紙を使用した和傘展
小川町で漉かれている小川和紙を使用した和傘の展示も見ることができます。 この和傘は全工程を1人でやっており、出来上がるのに2ヶ月もかかる1品だそうです。 現代の傘では表現ができない、鮮やかさと風合いがとてもいいですね。


関連記事
SPOT INFO
名称 埼玉伝統工芸会館
住所 埼玉県比企郡小川町大字小川1220 地図
TEL 0493-72-1220
料金 大人300円、小・中学生150円
団体割引(20名以上) 大人200円、小・中学生100円
休み 月曜日(祝日の場合、開館)、12/29~1/3
時間 9:30~17:00(入館は16:30分まで)
HP http://saitamacraft.com/
車アクセス 関越自動車道「嵐山小川IC」 10分
公共交通アクセス 東武東上線「小川町駅」より バス(パークヒル行き) 「伝統工芸会館バス停」 徒歩1分
*駅のバリアフリー、構内マップは駅名をクリックしてください。
駐車場 あり(有料)
ペット 不可
設備・施設 ・和紙すき体験
・売店「“工芸の里”物産館」
・食事「麺工房かたくり」(うどん・そば)
・トイレ
バリアフリー ・路面状況: 舗装
・AED: あり
・車椅子貸出: あり
・ベビーカー、車椅子の入場: 可
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがこちらから、ご連絡頂ければ幸いです。


コメント

  1. ヨッシー | URL | -

    つい!秩父に反応しちゃうなあ

    コンニチはヨッシーです。
    今、仕事のおさぼり中です。
    タイトル通り、つい秩父の事が出てくると敏感に反応しちゃいます。
    今ではすっかり、秩父をコヨナク愛するオジンですね(笑)

    秩父銘仙、いいですよね。たぶん小川町の伝統工芸館で展示したときも
    碓井捺染さんの社長が居たと思います。
    ヨッシーは秩父繁盛博で知り合って、ここの暖簾を破格値で買いました。
    その後親戚が遊びに来るとその暖簾が気に入って、その都度工場に
    案内してます。
    新作着物は高価ですが、秩父の骨董屋さんに行くと古い銘仙の着物が置いてます。
    器用な女性はそれをバラシて、手提げバックに縫い直したり、部屋に飾る
    タペストリーにしたりと、それもオシャレでいいですね。
    ちなみに、「豚味噌丼野坂」の斜め前にそういう製品を売ってるお店があります。
    すみません。お店の名前は忘れました。
    いつも秩父の宣伝のコメントばっかりでごめんなさいv-435

  2. グヘ | URL | -

    こんばんわ、
    秩父っていろいろありますね~
    自分が秩父って聞いて最初に思い浮かぶのは落語家の林家たい平さんなんです。
    笑点見てるとたまに地元の宣伝するんです。

  3. Chewbacca | URL | -

    ヨッシー さん

    コメントありがとうございます。

    秩父銘仙とても気に入りました。今回のことで「碓井捺染さん」を知って今度工場見学してみようかと思っていたところです!
    「豚味噌丼の野さか」さんの斜め前にそんなお店があったのですね。まったく気づきませんでした。
    古い銘仙の柄もかっこいいですね。次秩父へ行ったとき立ち寄ってみます!
    いつも秩父情報教えていただきありがとうございます。

  4. Chewbacca | URL | -

    グヘ さん

    コメントありがとうございます。

    確かに秩父っていろいろあって奥が深いですね。最近になって知ることが多いです。
    自分はちょっと前まで、林家たい平さんが秩父出身ということも知りませんでした・・・。
    知れば知るほど秩父って好きになりますね。

  5. このゆびとまれ☆遠藤 | URL | -

    見事ですね!

    秩父銘仙、初めて知りました。見事な織物ですね!
    秩父夜祭の際に着る着物は、それぞれの町内にちなんだ柄が施されているとの事
    自分の町の誇りが表れているのでしょうね 。かっこいいです!

    小川和紙も興味深いです。職人さんが時間をかけて作った傘は芸術品

    埼玉伝統工芸会館に行ってみたいです♪

  6. Chewbacca | URL | -

    このゆびとまれ☆遠藤 さん

    コメントありがとうございます。

    埼玉伝統工芸会館は、常設で埼玉の伝統的な品が一同に展示しています。
    そして定期的に、様々な展示をしている様ですね。

    和傘展示でこんなことを書いてありました。
    「紙にあたる雨の音、油のにおい、紙からこもれ入る光。 五感で感じてみて下さい」
    和傘ならではの感覚で、とてもいいですね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mishmash1.blog130.fc2.com/tb.php/283-c0fd9b17
この記事へのトラックバック


カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。