--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武州中島紺屋 藍染ふる里資料館

2010年12月19日 20:32

博物館、美術館
羽生

武州正藍染

藍染の魅力再発見。


スポット詳細情報 down_arrow-pk2.gif

武州正藍染とは、 羽生・加須・騎西・行田などの北埼玉地方の伝統工芸。 この地方では綿と藍の栽培に適していたことから藍染織物の一大産業になり、明治40年代には藍染めの職人の紺屋が200件以上も存在したのだと。
そして何と、現在でも正藍染剣道着の全国の8割が武州正藍染でつくられている!

武州中島紺屋さんでは、藍染技法を絶やさない様に伝統的な模様の反物をつくられています。

併設されている藍染ふる里資料館では、武州正藍染の貴重な資料や作業工程などを見学できます。

今まで藍染にあまり興味がなかったのですが、ジャパンブルーとも言われる藍染の色、そしてデザインが好きになりました。


その藍の色は「藍四十八色」と言われる程、色の呼び名が多いのです。 甕覗き、水色、浅葱、露草色、千草、はなだ、紺・・・、どれも藍を表す色で。 微妙な濃淡一つ一つに名前がついていることに驚きです。
デザインは、小紋から大柄、一つの絵として。 特に伝統的な模様が素敵でした。

お土産処では、藍染生地でつくったアイテムがいっぱい揃っています。  ランチョンマット、扇子、ブックカバー、Tシャツ、バッグ、クッション・・・。 その中でも暖簾が渋くて欲しかったぁ。 予算オーバーでした・・・。
端切れの販売もしていたので購入しちゃいました。 買った時は気づかなかったのですが、羽生のキャラクター「ムジナもん」ストラップが入っている!? ・・・おばちゃんありがとう^^


自作で、藍染生地でファブリックパネル
藍染のデザインがかっこよくて何か作りたいと思い、購入した端切れでファブリックパネルを作ってみました。
一つのアートとしてインテリアになりますね。 藍染めは経年変化が楽しめるそうです。 年を追うごとに色が冴えていくんだとか。 変化が楽しめるインテリアというのも面白いですね。


参考サイト
http://www.city.hanyu.lg.jp/kurashi/madoguchi/kikaku/02_culture/01_bunka/jiman/aizome.html

関連記事
SPOT INFO
名称 武州中島紺屋 藍染ふる里資料館
住所 埼玉県羽生市大字小松223 地図
TEL 048-561-3358
休み 日曜
時間 10:00~17:00
料金n 入館300円
HP http://www.izome.jp/
車アクセス 関越自動車道 「羽生IC」 17分
公共交通アクセス 東武伊勢崎線「羽生駅」より 羽生市福祉あい・あいバス「小松神社前バス停」下車 徒歩5分
*本数少なく、土・日・祝祭日運休なので注意。
あい・あいバス(市民福祉バス)の運行について
*駅のバリアフリー、構内マップは駅名をクリックしてください。
駐車場 あり(無料)
ペット 不可
設備・施設 ・トイレ
・藍染め体験(要予約)
・藍染品お土産処
バリアフリー ・路面状況: 舗装
・ベビーカーの入場: 可能(一部段差あり)
・車椅子の入場: 可能(一部段差あり)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがこちらから、ご連絡頂ければ幸いです。

あって良かったアイテム、あったら良かったアイテム

藍染についてもっと知りたい

藍染の色・デザイン・歴史などが詳しく書いてある本です。 記事の参考にもさせてもらいました。


藍染め NHK美の壷


コメント

  1. リトルフィールド | URL | -

    あらーーー!! また良いところに目をつけましたねェ。

    ほんとに良い色ですね。 
    藍染め体験行ったら腐った私の根性も綺麗な色で染めてくれますかね(苦笑)

  2. Chewbacca | URL | -

    リトルフィールド さん

    コメントありがとうございます。

    自分の根性もたたき直したいので、藍染体験お供いたします(笑)

  3. Noriさん | URL | -

    どもども。Noriさんです。

    いつも読み逃げばかりでごめんなさ~い。

    藍染め いいですよね~。
    藍色・・・好きな色だなぁ。

    ランチョンマットなんてステキですよね。
    いつものごはんも美味しくなりそう(笑)

    お酒は倍 美味しくなるでしょうね(笑)
    しかし 毎回思うけど 埼玉って 奥が深いですよね~(^O^)
    前回のヨーグルト編。
    あれは行きたい!!
    いちごの飲むヨーグルト大好きなんです!
    食べ物編はついくいついちゃいますね(笑)
    毎回 楽しませてくれてありがとさんです(^_-)-☆

  4. このゆびとまれ☆遠藤 | URL | -

    うっとり~

    藍の色を表すのにいろいろな呼び名があるのですね。
    日本人の感性ってすごいですね。。。

    埼玉県にこんなにすばらしいところがあったなんてと
    毎回、感動させていただいています!
    ありがとうございます

    ファブリックパネル、素敵です♪


  5. Chewbacca | URL | -

    Noriさん

    コメントありがとうございます。

    いえいえ!自分こそいつも読み逃げですいません・・・。

    生活の一部に藍染をちょっとプラスするのもいいですよね。
    そうしたら、もちろんお酒は倍うまいです^^

    飲むヨーグルトは、ちょっと割高なのでほとんど飲んだことなかったのですが、飲むと美味しいですね!
    あっという間に無くなってしまいました・・・。もっと買っておけば良かった。

  6. Chewbacca | URL | -

    このゆびとまれ☆遠藤 さん

    コメントありがとうございます。

    藍の色がこんなにあるとは知りませんでした!
    きっと昔の人はオシャレだったんでしょうね。「甕覗き色じゃないと半纏は着ない!」みたいな感じで。

    ファブリックパネルありがとうございます^^
    生地の下は木材なので、写真とか画びようで飾れることを発見しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mishmash1.blog130.fc2.com/tb.php/296-0143b68c
この記事へのトラックバック


カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。