--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩槻人形 製造見学 | 鈴木人形工房

2011年03月02日 09:19

岩槻人形

美しく仕上がっていく雛人形の製造


この場所の詳しい情報   詳しい見学情報 

人形の町として知られる岩槻では、江戸時代初期から約380年の歴史があります。
そんな岩槻人形がどんな風に作られているのかを知るために製造現場を見学してきました。

数ある岩槻の人形業者の中で、今回お邪魔したのが80年近い歴史と伝統のある「鈴木人形」さんです。
鈴木人形さんでは、頭部・胴体・衣装の全てを製造していて、駅前には販売店もあります。 特に、頭製造では日本最大級の規模を誇るそうです。

雛人形の製造工程は、全部で数百にも及ぶそうです。 その中で、今回見学させて頂いたのは頭の製造。 頭だけでも38もの工程があるそうです。

目入れ
人形の表情が伺える目は、とても重要な部分。 目は描くのではなく頭の内側にパーツをはめ込みます。 作業している方いわく、頭が小さい人形より大きい人形の方が神経を使うそうです。 大きい人形は、微妙な視線のずれでも違和感が生じるので調製が難しいとのことです。


毛描き、髪の毛の取り付け
エアーブラシで塗装をした後、髪の生え際を一本一本筆で描いていきます。
その後、絹でできた髪の毛を取り付けていきます。 人形の種類によって髪の色も様々。 人形によってはハサミで髪の長さを調製したりしていきます。


取り付けられた髪の毛はアイロンを当てて、とかしていきます。 髪は女性(雛人形)の命。 そして髪の美しさはキューティクルが決め手! しっかりお手入れをしてまさに「世界が嫉妬する髪へ」に仕上がっていきます。


結髪、面相描き
髪の取り付け工程が終わると、髪の結い、そして顔を描いていきます。 まさにヘアメイク工程ですね。
結髪工程は、人間と同じように一本一本髪を束ね髪型をつくっていきます。 ヘアメイクにもプロがいるように、結髪工程は熟練の職人のみ成しえる技です。

頭工程の最後は、メイクアップならぬ「面相描き」です。 決して真似することが出来ない職人技は、女性人形は美しく、男性人形は勇ましく変身します。 (残念ながら、面相描きはみることが出来ませんでした。)


頭完成
出来上がる顔のパターンは何十種類もあるそうです。 そして、日々変化する時代に対応して「今年の顔」をデザイナーを含めみんなで決定します。
そうやって出来上がる雛人形の頭は、機械や海外生産では表現することができない品質です。


胴製作
雛人形の衣装を見てビックリしました。 昔見た雛人形とは違ってとても可愛らしい柄や色使いの雛人形もつくられていることに。
顔同様に、衣装も時代に合わせて毎年変化させているそうです。 着物をデザインするデザイナーさんは、伝統的なデザインに囚われず実に様々なものからインスピレーションを得ているそうです。 例えばマイケルジャクソンの舞台衣装からヒントを得たり!


今回見学させて頂いた鈴木人形さんで、岩槻人形の素晴らしさを垣間見ることができました。
伝統的な職人技と革新的な志しが、鈴木人形さんを始め岩槻人形を支えていることが分かりました。


参考サイト見出し
関連記事見出し
詳しいスポット情報見出し
見学情報
雛人形・五月人形等の製造の見学
見学可能日時
9:00~17:00
日曜日・年末年始は休み
見学可能人数
1名~
料金
無料
予約
要予約 電話/お問い合わせフォーム/FAX/Eメール/書類郵送
詳しくはこちら http://www.suzuki-ningyo.com/index.php?id=9
所要時間
30分~60分
備考
質問したいコトを前もって考えていくと、より充実した見学をすることが出来ます。


スポット情報見出し
名称
鈴木人形工房
住所
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-5-16
このスポットの地図を見る このスポットのピンポイント天気を見る
TEL
048-757-0222(鈴木人形 工房見学係)
時間
9:00~17:00
休み
日曜日・年末年始
料金
無料
HP
http://www.suzuki-ningyo.com/
車アクセス
東北自動車道 「岩槻IC」 6分
電車アクセス
東武野田線「岩槻駅」東口 徒歩6分
駐車場
あり(無料)
ペット
不可
設備・施設
トイレ
バリアフリー
バリアフリー対応: ×
・路面状況: 舗装
・ベビーカーの入場: 困難(階段あり)
・車椅子の入場: 困難(階段あり)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。




コメント

  1. kaboとaki | URL | -

    1つ1つ手作りしているこの姿を拝見すると、高価なのも頷けますね。
    これだけ手間が掛かるんですね。
    なかなか見れない光景を見させて頂き嬉しく思います。
    ありがとうございました^^
    お雛様・・大事にしなくちゃね♪

  2. Chewbacca | URL | -

    kaboとaki さん

    コメントありがとうございます。

    伝統工芸は「伝統」と言うだけで高い! なんて少し偏見な目で見ていましたが、これだけ細部にまでこだわって造っているところを見ると、高価が当然ですよね。
    自分も、実家にある端午の節句の破魔矢も大事にしなきゃと思いました!

  3. 諸星輝々 | URL | Wgi4adpQ

    こんにちわ☆*

    職人さん方の思いが込められた手作りの雛人形
    機械での製造ではできない"命"がひとつひとつの人形に込められて
    いるのでしょうね。

    雛人形ではないのですが、地元(島根 石見地方)では、神楽面職人さんによる工房を見たことがあります。

    http://kakita.ai-fit.com/kaki_home.html

  4. Chewbacca | URL | -

    諸星輝々さん

    コメントありがとうございます。

    まさに機械生産では表せない、いろいろなモノが込められていそうですね。
    ひな人形は親から子へ、子から更に子へと代々受け継がれていくので、自分の子供に譲ることを想って、岩槻人形の様なものを選びたいなと思いますね。

    神楽面のサイト見させて頂きました!
    想像していたモノより、迫力のある面ですね。工房見学してみたいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mishmash1.blog130.fc2.com/tb.php/350-3f3c8bee
この記事へのトラックバック


カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。