--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ノ権現・天龍寺

2010年06月20日 14:41

寺
飯能 マーク
埼玉の寺

足腰のご利益あり!子ノ権現


この場所の詳しい情報 down_arrow-pk2.gif  寺の詳しい情報 down_arrow-pk2.gif 
子ノ権現トップ写真

子ノ権現(天龍寺)は、標高640mの山頂にある、足腰守護の御利益がある寺として親しまれています。

子ノ権現とは、この天龍寺を創建した「子ノ聖」さんのお名前。 子ノ聖さんは、子の年・子の月・子の日・子の刻に生まれれるというミラクルな誕生をしたので「子ノ聖」と呼ばれたそうです。 そして権現とは、神の称号のこと。
・・・さっきから何も知らずに「さん」付けで読んでいましたが、神様なので「さん」ではなく「さま」です!

黒門までの参道は、山寺だけあって緑に囲まれ雰囲気のある通りになっています(写真右下)。

子ノ権現のお坊さん 黒門までの参道

黒門を過ぎると、突如として現れるのは真っ赤な仁王像。 仏師花井探嶺が作った像で、近くでみると物凄くこっちを睨んでいます。
仁王像を過ぎると、立派な茅葺き屋根の本坊(写真下右)と、本堂(写真下中央)が見えてきます。

仁王像 子ノ権現の本堂 子ノ権現の本坊

そして本堂脇には、日本一の大きさの鉄わらじ! 自分の足と比べるとかなりデカイです。
鉄わらじのお隣には、巨大な下駄も!

足腰にご利益のある子ノ権現では、履物を奉納し願をかける習わしがあるそうです。 日本一の鉄わらじはそのシンボル的なモノ。 それにしても巨大な下駄を奉納した方は、どんなに壮大なお願いごとをしたのでしょうか?

鉄わらじと比較 めおと下駄

願掛け用に履物を持ってこなかった方の為にも、「願かけわらじ」が売られています。 2足のミニわらじがセットになっていて、一つは境内に収め、もう一つはお守りとして持って帰るそうです。

境内には、余り知られていない鐘楼があります。 本堂の裏から少し階段を上ると見えてきます。 ここの鐘、実はついていいそうです。 注意書きにはこう書いてありました…「連打は止めてください。 連打は火事の合図です。」

わらじ絵馬 子ノ権現の鐘楼

一通り境内を散策し、足腰の願掛けを済ましてお土産屋を覗いてみると、やっぱりありました!わらじグッズ。 抜け目ないです。

わらじお土産 わらじかりんとう

簡略して子ノ権現の説明をしましたが、詳しく知りたい方はこちらのサイトに詳細があります。
http://homepage3.nifty.com/youzantei/mitisirube/nenogongen.html

関連記事見出し スポット情報見出し
名称
子ノ権現・天龍寺(ねのごんげん・てんりゅうじ)
住所
埼玉県飯能市大字南461 ( 地図 | ピンポイント天気 )
TEL
042-978-0050
時間
境内自由
休み
-
料金
境内自由
HP
-
車アクセス
圏央道「狭山日高IC」 60分、「入間IC」 65分
関越自動車道「鶴ヶ島IC」 70分
電車アクセス
西武秩父線「西吾野駅」、「吾野駅」より 徒歩90分
駐車場
あり(無料)
ペット
不可
設備・施設
・子の権現・竹寺ハイキングコース
・トイレ
・お土産屋
バリアフリー
バリアフリー対応: ×
・路面状況: 土、舗装、敷石、砂利
・ベビーカーの入場: 可(駐車場から境内まで登り坂)
・車椅子の入場: 可(駐車場から境内まで登り坂)
情報に関して十分に調べていますが、間違いや変更などあるかもしれません。 念のため事前に確認の上でご利用して頂ければ安心です。
もし間違いがございましたら、お手数ですがメールフォームから、ご連絡頂ければ幸いです。


詳しいスポット情報見出し
名称
大鱗山雲洞院天龍寺(通称 子ノ権現)
宗派
天台宗
創建
延喜11年(911年)
本尊
子ノ聖大権現
ご利益
足腰の守護と厄除、開運、子宝、子育て
建物・仏像等
・本堂: 木造不動明王像(市指定有形文化財)
・本坊
・黒門: 仁王像
・鐘楼
・日本一の鉄ワラジ
・二本杉(県指定天然記念物)
行事
・除夜の鐘、元朝大護摩供: 大晦日~元旦
・大祭: 4月10日
・花まつり: 5月8日
・開山日: 6月10日
札所
・武蔵野三十三観音札所 第32番札所
・関東百八地蔵尊札所 第10番札所


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mishmash1.blog130.fc2.com/tb.php/380-823e8e34
    この記事へのトラックバック


    カワゴエールへ 小江戸まるまる屋へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。